読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳フリーランスエンジニアの話

22歳でほとんどスキルもないのにフリーランスという荒波を生きる男のブログです。

Python while文の書き方

今回はPythonのwhile文の書き方について解説していきます。

for文と並んでよく使用される文法なのでしっかり覚えましょう。

while文の書き方

while文は繰り返しを行うための文で以下のような形式で記入します。

while 条件式:
  処理

whileに条件式の引数を与え、それが真の間、中の文を実行し続けます。 条件式が疑になると、文から抜け、ループ処理を終えます。

実際にwhile文を使って見る

それでは実際にwhile文を扱ってみましょう。

i = 0
while i < 2:
    print i
    i += 1

#実行結果
0
1

このように2以下の数字が出力されていることがわかります。 処理の順番としては

1, i<2が判断される 2, 真の場合 print i, i += 1が実行される 3, 疑の場合 ループから抜ける 4, 1 ~ 3を繰り返す

という風になります。

章末問題

問題

whileを使用して1~5の数字を出力してください。

回答

i = 1
while i <= 5:
    print i
    i += 1

まとめ

今回はPythonのwhile文について解説していきました。 while文は基礎となるのでしっかりと覚えておくようにしましょう。