読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳フリーランスエンジニアの話

22歳でほとんどスキルもないのにフリーランスという荒波を生きる男のブログです。

Python for文の終了時の処理をelse文で行う

今回は、Pythonのfor文で、elseを使用して終了時の処理を行う方法を解説します。

else文は、他の言語では、if文で使われることの多い処理ですが、Pythonではforの中で使用することができます。

else文の書き方

まずはelse文の書き方について見ていきましょう。 else文は、ループから抜ける時に行われる処理を書くことがでいます。

for 変数 in オブジェクト:
  ループ中の処理
  ループ中の処理
else:
  終了時の処理
  終了時の処理

else文を実際に使ってみる

それではelse文を使って実際に処理を書いてみましょう。 今回は、ループが抜けた時の変数をもう一度出力するプログラムを書いてみましょう。

array = [1,2,3,4,5]

for i in array:
    print i
else:
    print i

#実行結果
1
2
3
4
5
5

このようにループの最後の変数がelseによって出力されている事がわかります。

章末問題

問題

else文とfor文を使用して、5回ループを繰り返した後、elseと出力するようにしてください。

#実行結果
1
2
3
4
5
else

回答

array = [1,2,3,4,5]

for i in array:
    print i
else:
    print 'else'

まとめ

今回はpythonのfor文の中で使うelse文について解説していきました。 他の言語ではあまり使われないような、else文の使い方をするため、少し混乱するかもしれませんが、使いこなすととても便利に使うことができます。 ぜひ理解を深めるようにしましょう。