読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごくモテたいフリーランスエンジニアの話

一見モテないエンジニア。そんな中でもモテるために試行錯誤をしてフリーランスという荒波を生きる男のブログです。

ポジティブ思考の人とネガティブ思考の人のたった一つの違い

f:id:babashun1024:20170329231042j:plain

 

どうも。フリーランスです。

 

僕は昔とてもネガティブ思考でした。

 

一度できないと、「もう俺は無理だ」「何もできない人間なんだ」と思ってしまいひどく落ち込んでいました。

 

寝る前に昔の失敗を思い出して「うわああああ」ってなっていました。

 

しかし、たった一つ

ある考え方を変えるだけで、ポジティブ思考になることができました。

 

今回はそのたった一つの違いについて書きたいと思います。

 

 

ポジティブ思考とネガティブ思考の差 

結論から言います。

ポジティブ思考とネガティブ思考の差は

「未来を考えているか、過去を考えているか」です。

 

ネガティブ思考の人は常に過去を考えています。

「女の子に振られた」=>「俺は女の子に嫌われる人間なんだ」=>「モウマジムリ」

「仕事で失敗した」=>「俺は仕事のできない人間なんだ」=>「モウマジムリ」

 

このようにネガティブ思考の人の脳内では時間軸が常に過去で止まっています。

そのため、失敗した事実が脳内にたまっていき、さらにネガティブ思考の悪循環に陥ります。

 

逆にポジティブ思考の人は常に未来を考えています。

「女の子に振られた」=>「俺は女の子に嫌われる人間なんだ」=>「なぜ嫌われたんだろう」=>「次の人に嫌われないように改善や!!!」

「仕事で失敗した」=>「俺は仕事のできない人間なんだ」=>「なぜ仕事を失敗してしまったんだろう」=> 「二度目の失敗はないように改善や!!!」

 

このようにポジティブ思考の人の脳内の時間軸は常に未来を見据えたものになっています。

try&errorという言葉がありますが、それをしっかり体現しているのがポジティブ思考の人の脳内です。

 

ポジティブ思考になるために

「ポジティブ思考の人の脳内はわかったけど、どうすればそうなれるの?」

と思った人がいると思います。

僕もはじめはその人間でした。

「未来を見るで!!!というマインドセットをしたとしても、長年の思考のクセというのはなかなか抜けません。

 そこで僕がしたのは、「改善のためのフレームワークを学ぶ」ということでした。

 

「未来を見るで!!!」とマインドセットをした人の中によくありがちなのが

「未来を見るで!!!」=>「失敗してもうた!」=>「改善すんで!!」=>「また失敗や....」=>「.....改善!!」=>「失敗や...」=>「モウマジムリ」

 

という「改善がうまく行かなくて心が折れてしまうパターンです」そうした事態を避けるために「効率の良い改善のフレームワーク」を学ぶ必要があります。

 

この「改善法」という分野は様々な人がいろいろ素晴らしい本を出しています。

僕が読んだ中で良かったのは

 

鬼速PDCA

鬼速PDCA

 

 

 

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

 

 

 

結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

 

 

あたりです。

 

まとめ

今回はポジティブ思考の人とネガティブ思考の人の違いから、ポジティブ思考になるための方法について解説していきました。

 

ポジティブ思考になるためには、マインドセットだけではなく、なんらかのフレームワークに則って、改善施策を回していく必要があります。

 

自分にあったフレームワークを探し、しっかりと改善をしていくようにしましょう。