読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開業届についてわかりやすくまとめたった

フリーランス 税金

どうも。フリーランスです。

 

フリーランスになるためには避けては通れない「開業届」

 

ただ開業届について何かあまりわかっていない方もいらっしゃると思います。

 

 

そこで

  • 開業届とは
  • 開業届は必ず出さないといけない?
  • 開業届を出すことによって得られるメリット

の三点について解説していきます。

 

開業届とかめんどくせえとか思わずしっかり理解していきましょう。

 

開業届とは

f:id:babashun1024:20170314051831j:plain

開業届とは、個人が事業を始める時に提出する書類のことです。

 

これを提出することで、俗に言う「フリーランス」という呼ばれる職種として認められることになります。

 

逆にこれさえ出せばフリーランスになれるわけです。

 

開業届は必ず出さないといけない?

開業届は「事業の開始等の事実があった日から1月以内」に提出する期限が定められています。

 

原則この規則に従う必要があります。

 

しかし、遅れたからといって罰則を受けることもないですし、追徴課税を取られるということもないです。

 

ただ、フリーランスとして一定以上の報酬を得られそうな見込みのある方は出さないと損です。

 

「開業届を出さない方が得だよ」とかいう記事がありますが、実際そういうことはあまりないです。

 

その理由については次の章で説明していきます。

 

開業届のメリット

次に開業届を出すことによって得られるメリットについて見ていきましょう。

青色申告を行うことができる

開業届と一緒に、青色申告の書類を出すことによって、個人事業主として青色申告を行うことができます。

 

青色申告を出せば毎年利益から65万円を控除することができます。

 

65万円ってむちゃくちゃでかいですよね。

 

節税とか見る前にとりあえず青色申告出しちゃえば、まあまあな金額控除できちゃいます。

 

屋台で銀行口座を作れる

申請の際、屋台を書いて申請すれば、屋台で銀行口座を作ることができます。

 

屋台で口座を作成すれば、取引先の信頼度が上がったり、認知されやすくなったり、メリットがあります。

 

あと、ちょっと会社を経営してる気分になってテンション上がります。

 

赤字の繰りこしを行える

あまりいないかと思いますが、赤字の繰越を行うことができます。

 

前年度に出た赤字を次の年の利益から減らすことができます。

 

フリーランスなったわあって思える

メンタル面でフリーランスとしての自覚が湧きます。

 

これって結構重要で、開業届出してから、やる気が湧いたという人も結構いらっしゃいます。

 

まとめ

開業届は5分で書けるのでとりあえず出しましょう。

書き方がわからなくても、税務署の人が引くほど丁寧に教えてくれるのでとりあえず出しましょう。