読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごくモテたいフリーランスエンジニアの話

一見モテないエンジニア。そんな中でもモテるために試行錯誤をしてフリーランスという荒波を生きる男のブログです。

エンジニア時給が2500円を突破したので時給遍歴を書いていく

学生にとって高い時給とは何円以上ででしょう。

関西だと1000円超えたら「結構ええやん!!」と言われます。

そんな中僕の時給........

「2500円」

学生の中ではスーパー高いわけです。

というわけで学生からバリバリ稼ぎたい!!!という人のために、時給2500円までの道のりを書いていきたいと思います。

 

2013年12月〜2016年1月 アルバイト時代(時給1250円)

高校大学と内部推薦の一貫校だったため、進学が決まったくそ暇な時期から、アルバイトを始めました。

巷で激務と言われているホテルの宴会場の派遣をしていました。

激務と言っても1250円というちょっと普通より高い時給をもらえるなら十分我慢できるレベルのものでした。

僕の場合、優しいホテル専属みたいな感じになったので、さらに楽でした。

何のスキルも入らず、1250円もらえると思えばまあまあ割にあったバイトなんじゃないかと思います。

結局2年間続けて時給1350円に昇給しました。(上げ幅少なすぎぃぃい)

 

2016年1月〜2016年4月 無給インターン時代(時給0円+交通費)

ホテルのバイトに疲れた僕が次に始めたのがプログラミングです。

ただ未経験でお金をくれるバイトなどなく、wantedllyで募集していた未経験(時給0円)のインターンに行っていました。

www.wantedly.com

無給インターンと書くと聞こえが悪いですが、無料でプログラミングを教えてくれたのでとても得した気分でした。

そこでは結局お金を稼ぐ前にインターン生全員が解雇され路頭に迷うことに。

 

2016年4月〜2016年8月 エンジニアアルバイト時代(時給1000円)

インターンで実務経験っぽいものを積んだ僕は、意気揚々と次のアルバイトへ。

次に選んだアルバイト先はソーシャルゲーム開発会社。

ソーシャルゲーム開発会社はやっぱり設備がすごくて、PC支給してくれるわ、飲み物飲み放題やわ、飲み会いいとこ行くわでウハウハでした。

それは置いとき実質ここが初の実務経験です。

実際、実務でコード書いてみるとまあ書けない。

他の学生とかも自分より余裕ですごいコード書く。

そういうレベルの高い環境でやると、そんなに自分ではコード書いていないつもりでも、自分のレベルも上がっていった。

辞める前には普通に一からテーブル作って、ロジック書いて、機能追加して、テストしてと、開発サイクルを回せるレベルにはなっていた。

てかホテルマンより安いエンジニアってさすがに学生といえど日本どうかしてるなと思った。

 

2016年8月〜2016年11月 エンジニアアルバイト時代2(時給900円)

ソーシャルゲーム開発に飽きた僕は、キャリアバイトで次のアルバイト探しに。

careerbaito.com

 

そこで選んだのは、時給900円のエンジニアアルバイト。

時給900円といえばその辺の居酒屋や掃除のパートさんと同じ時給です。

そんな時給でもここを選んだ理由は、なんとエンジニアが僕一人しかいなかったからです。

その会社では、新規にIT部を立ち上げるらしく、そこでのwebサービス開発を頼まれました。

結果、時給は安かったものの、社長さんとヒアリングをし、一人でwebサービスを作りあげました。

素晴らしい達成感とスキルを得ることができました。

しかしそんな達成感は運用フェイズに入ると一瞬で過ぎ去り

「インフラやってJSやってRailsやってHTMLやってCSSやって、それやのに900円かよ!!」

ってなり辞めました。

 

2016年11月~現在 フリーランス時代(時給2500円)

今までの経験で悟りました。

俺に必要なのはお金やと。

大学生から高いお金をもらいウハウハしたいんやと。

なのでフリーランスになりました。

Wantedlyで「学生インターン」ではなく「業務委託」でフィルターをかけ、企業に応募していきました。

目指す時給は決まっていました。

 

「2500円」(なんでかは知らん)

 

ただ実績もそれほどない僕を企業が言い値ですんなり雇ってくれるはずはなく

10社くらい受けました。

すると奇跡的に僕に2500円出してくれる会社が!

こうして晴れて2500円になりました。

感謝感謝。

 

これからについて

僕は時給2500円で狂喜乱舞していましたが、エンジニアフリーランス界で2500円というのはむちゃくちゃ安い方で、4000円くらいまでならすんなりあがりそうな印象を受けた。

というわけでとりあえず次の目標は4000円!!

誰か僕に4000円出してくれる人がいたら(というより2500円以上なら)すぐに連絡を!!!!!!